2018年2月25日 (日)

ロッコの471日目(生後523日)

今日はお休みです。

2018年2月24日 (土)

ロッコの470日目(生後522日)

今日は定例のRoccoのシャンプーの日です。何度しても、Roccoは慣れないようです。特にシャンプーが終わってから、ドライヤーの時に何度も脱走しそうになります。

ボクはカットには行ってきましたが、カメラを持って外に出ることはできませんでした。だんだん窓の外から眺めるだけで満足するようになっています。

窓から梅の花が日ごとに開花しているのがわかります。サザンカの花は寒い間頑張ってきましたがもうすぐみんな散ってしまうでしょう。楽しみにしていたピンク色のオキザリスは昨年秋の屋根のリフォームで何度もハシゴをおかれたため8割方はダメみたいです。仕方ないです。
たくましい花ですから来年はたくさん花を咲かせてくれると思います。

Roccoは起きているときはほとんどシッポを振ることが多かったと思います。ボクが床に座ると必ずそばに来て座ります。マッサージをしてやると動かないでじっとしています。そんな姿を見ていると癒やされます。

Dsc01058

ボクの座っているイスの真後ろでRoccoはいい場所を見つけてウトウトしそうです。

Dsc01080

数分後にはこんな格好でウトウトし始めました。安心してどこでも寝られるのはやはりいいでしょうね。オオカミでも巣穴の中に入って身を守っていましたから・・。

2018年2月23日 (金)

ロッコの469日目(生後521日)

少しずつ春らしい気候になっていますので、Roccoは元気に散歩しています。Roccoの友達は隣のトイブードルのリキちゃんとゴールデンリトリバーのディフィーちゃんです。
先日からそのディフィーちゃんが首にエリザベスをつけています。どこか手術をしたのだと思いますが、庭にいますからそれほど大きな手術ではなかったのだと思います。
家の方は外にはいらっしゃらないのでどんな手術をしたのかなどなにも聞けていません。

Roccoの去勢手術の時を思い出してかわいそうに思います。ディフィーちゃんはRoccoを見つけても飛んでこなくなりました。エリザベスが外れたらまた来てくれると思います。

昨夜はRoccoはよく寝ていました。ボクも何度かRoccoの部屋を出入りしましたが、一度も起きませんでした。一度は起きて欲しい気持ちがありましたが、12時半まで起きてきませんでした。よく寝ているのだから本来は喜ばなければなりませんが、やはりさみしいです。

明日はRoccoのシャンプーをして、ボクはカットに行って、カメラもって外に出たいです。

Dsc00964_2

新しい首輪には鈴がなかったので、以前の首輪の鈴をつけました。この鈴のおかげでRoccoがどこにいるかわかりますし、夜なら起きたかどうかもわかります。

2018年2月22日 (木)

ロッコの468日目(生後520日)

Roccoは日々成長しているので驚くことがあります。ドッグフードはカロリーを抑えた減量用のものなのであまり好んでは食べません。しかし朝はそれしか出さないのでそれを食べています。

しかし、夕方になるとRoccoにあまいボクがいますので、夕食がでても匂いをかいでどこかに行ってしまいます。そしてボクが夕食を食べ始めると、Roccoは飛んできてボクの膝の上に足を載せて顔は完全にテーブルの上にあります。
ボクは一番近くに酢の物を置いています。Roccoは酢の物は大嫌いの匂いのようです。あわてて降りてもっといいものがあるはずだと待っています。レタスの芯が多いところを少しあげました。Roccoはいい音をさせて食べていました。

おいしいものがもらえないとわかったRoccoはケージの外のベッドに入り込みます。Roccoはうまく隠れているつもりです。でも必ず見つかってケージ行きです。

夜はボクがRoccoの部屋に行くのは9時頃です。その時はRoccoは爆睡状態です。でもボクが飴の包み紙を開けたりしていると、しばらくして、「キューン」という遠慮したような小さな声が聞こえます。以前は夕方寝ると朝まで起きなかったものです。
ボクはただRoccoに話しかけるだけです。はじめは「ロッコ、かしこいな、ねんねやで」とか言っていますが、そのうち、「ロッコ、パパは目が見えにくかったけどそれはよくなったよ、でもまだ悪いところがあると思うよ。ロッコのためにきちんと直すからな・・・」とかしゃべっています。
他の人が見ていたらあいつは頭がおかしいのだろうと思われると思います。ボクはいろいろなことを話し、ロッコはボクの手を念入りになめています。

これで両方が癒やされているのかも知れません。

Roccoとの夜の会話が始まったのは1週間あまり前からです。

18_2_22_2

隠れたつもりのRoccoです。確かにわかりにくいですが、こんなベッドが4つほどですからすぐにわかります。以前はソファーの間に入り込んで出しにくかったのですが、今はRoccoのお尻がつかえて入れなくなっています。たまに入りかけて止めます。よくわかっています。

18_2_22_

かしこくなったRoccoです。夜中にもボクを呼んで少しの時間ですが甘えようとしています。

2018年2月21日 (水)

ロッコの467日目(生後519日)

今日はすぐ近くにあるリハ病院のM先生にお目にかかる用事があり、少し雑談をする時間がありました。その先生もロングコートのチワワを飼われていて、写真もスマホにある分を見せていただきましたが、色が少し変わっていて白とグレイだったと思います。
今は8歳といっていました。ボクもRoccoの写真を何枚かお見せしました。最近は散歩している写真が多くて、すぐにはRoccoの全身が写った写真を見つけることができませんでした。

M先生のロングコートチワワは夏はサマーカットされていて、涼しそうでした。Roccoはほとんど年中エアコンが動いていますのでサマーカットもいらないと思っていますが、それがいいのかまた考えてみます。

最近は夜の11時頃になると聞こえないぐらいの小さな声で「クイン、クイン」と泣きます。ボクはイヤホンをしていますが密閉型ではないのでRoccoのなく声が聞こえます。
あまり長く続くと、「ロッコ、どうしたんや?」というと、ケージの隙間から鼻を出してきます。
ボクはケージの隙間から両手を入れて頭をなでてやるとシッポを振っています。そしてRoccoは長い時間ボクの手をなめます。そして、やっと寝てくれます。

成長することでRoccoは何度もボクがそばにいることを確認したいのかも知れません。Roccoがボクの手をなめている間もボクもいやされています。

Dsc01048_2

眠たいのでお気に入りのふかふかベッドに入ろうとしていますが、ケージを閉められないように警戒しています。

18_2_21_1

いつまでもきれいだったウサギのぬいぐるみを、今日はRoccoはいとしそうになめています。なかなかRoccoの心が読めないな・・・・。

2018年2月20日 (火)

ロッコの466日目(生後518日)

今朝も家を出るときにはRoccoの頭をなでてもなにも吠えません。

とにかく習慣になっていることはRoccoは受け入れてくれるようです。しかし、Roccoの頭にない不規則なことは認められないようです。とにかくRoccoの体内時計は正確です。ケージに入らなければならない時間はよく知っています。
そんな時に入れられても、それはちゃんと受け入れます。
不規則な時間にケージに入れようとするとケージの中でRoccoはしばらくは吠えます。

Roccoは家の前をボク以外の車が通ると数回吠えます。しかしボクの車には吠えないのです。すごい聴力です。よく似た車はたくさんありますがボクの車が近づいても吠えません。エンジンの音でわかるのでしょうね。

仕事を終えて帰るとRoccoがシッポを大きく振って、耳を後ろに倒し、身体を丸めて近寄ってきます。ボクが座るとボクの前でお腹を見せます。最高の癒やしですね。

18_2_20_1

土曜日か日曜日です。ボクがソファーで昼寝しているときに、ずれ落ちた毛布を上手にRoccoが入りやすくしてそこで寝ることがしばしばあります。毛布をどんどん引っ張ってボクを起こそうとしているのかも?

Dsc01037

どんなときもRoccoは番犬であることを忘れることはないです。ホント感心します。

2018年2月19日 (月)

ロッコの465日目(生後517日)

今日は眼科の受診日だったので、有休休暇をもらいました。両眼の視力1.5でした。

ひとまず目の方は問題ないそうです。

Roccoは元気です。毎日警備が主な仕事です。根気よく窓の外を見ています。近所の方が歩いていても吠えます。新聞配達の方や郵便局の配達員にも吠えます。クロネコヤマトが来たら吠えるだけではなく走り回ります。

今日はボクが眼科に行くために着替えて、トイレに行こうとしたら、Roccoが後ろからボクの足に噛みついてきました。ボクもうっかりしていました。Roccoをおいていくことは朝以外は許されないのです。今回も3日間長い時間Roccoと一緒でした。

今年に入ってからRoccoとボクの関係は以前より、濃くなった気がします。友達と言うより家族になった気がします。ボクにとってははじめから家族でしたが、Roccoにとってもボクは守らなければならない存在になった気がします。うれしいですね。

P2190681

遊び疲れて眠たくなったRoccoです。

2018年2月18日 (日)

ロッコの464日目(生後516日)

今日はいい天気でしたので、ガソリンを入れ、洗車をして、そしてTSUTAYAに行きました。

Roccoは今日は散歩のあとは警備に専念しています。時々ボクに「イスからおりてよ」といってきますが、イスから降ろしたことも忘れてまた警備に専念しています。

おだやかな春の香りがします。Roccoもひなたぼっこを兼ねた警備です。まばゆい光が差し込んでいます。Roccoの目は日差しで細くなっていますが、耳だけはちゃんと立てて細かく回転させています。

ボクは梅が少しずつ開花しているのを写真に残しました。

外から中を見るとRoccoが吠えていました。早く帰ってこいと言うことだと思います。

P2180008

まだ9割以上がつぼみです。春はすぐそこだよと教えてくれるのはいつも梅です。

Dsc01020
 
Roccoは長い時間窓の外を見張っています。1時間に1回ぐらい吠えます。今日はひなたぼっこも兼ねています。

2018年2月17日 (土)

ロッコの463日目(生後515日)

今日は風が強く、散歩は短時間でした。そのぶん家の中でたっぷり遊びました。遊んでいる途中でも、Roccoは突然窓のところに走って行き、「ワンワン」吠えることが何度もありました。
ボクも念のために見に行くと、近所の方が歩いていることが多いです。

ワンちゃんホンポにも色々な記事がありますが、人懐っこい犬種の中にはチワワは絶対に入ってきませんが、番犬としてはしばしば出てきます。小さな身体ですが赤ちゃんを毒蛇から守ったとか、強盗を追い払ったとかが書かれています。

人懐っこいことはいいことだと思いますが、Roccoが飼い主しか心を許さないというのもボクはそれでいいと思っています。誰が来ても甘えてお腹まで見せたらボクは焼き餅を焼くかも知れないです。
今まではそんなことは一度もありませんでした。

今日は長い時間、家の中でRoccoと遊んでいましたから、写真もあまり撮れなくて、ブログを書ことしてイスに座るとすぐに呼びにきて降ろされます。かわいいです。

Dsc01013

少し遊び疲れて、「ここで少し寝ようかな」と考えているのかも知れません。Roccoの上のワンちゃんのぬいぐるみはペットショップミクニで買った物ですが比較的丈夫で今も原型を保っています。ライオンは3つ目です。

Dsc01010

とうとう眠くて我慢できなくなったようです。カメラを持って近づくと少し目をあけて見るだけで、また目を閉じてしまいます。

2018年2月16日 (金)

ロッコの462日目(生後514日)

昨夜は遅くなってRoccoは小さな声で「ワン」と言いました。Roccoはすぐ近くにボクがいることを知っています。さみしいときは「ワン」とはいいません。甘えるような鳴き方をします。
ボクはケージを見に行くと、Roccoは両眼をしっかり開けて立っていました。ケージの隙間から手を差し出しましたが、Roccoはその手を引っ掻き「早くだしてよ」というように出口に向かいます。これは明らかにわかるしぐさです。

ケージを出たRoccoはすぐにはペットシーツのところに行かず、変だなと思っていると玄関、台所などの匂いをすべてチェックしてから、安心したのかペットシーツのところに向かい大量にオシッコしました。すぐにペットシーツを交換しウンチをするかと思ったら、ライオンのおもちゃを持ってきて「あそぼ」という感じでしたから、変な癖をつけてはいけないと思い、「ロッコ、オシッコしてかしこいな、かわいいな」といいながら抱き上げ、ケージに入れました。

いやいやだったかも知れませんが、Roccoはそれからは泣かずによく寝ていました。12時半頃Roccoがよく寝ているのを確認してボクも寝ることにしました。

Dsc00983_3

こうしてみるとRoccoには幼さはあまりなく頼もしく見えます。大きく見えますが小さな犬種ですからボクが守ってやらないといけません。

18_2_16_1_2

散歩中のRoccoです。葉っぱの匂いをかいでいます。寒いけれどもうすぐ春が来ることをRoccoは本能的に知っているのでしょうか?

2018年2月15日 (木)

ロッコの461日目(生後513日)

3日続いたRoccoの夜の大騒ぎは昨夜はピタッと止まりました。何度もケージをのぞきに行きましたが、熟睡していました。
ボクは12時半まで様子をみていましたが、全く問題なかったです。

今朝シェーバーを使うため、Roccoの部屋に入りましたが、起きてこちらを見ていて「早く出してよ」の訴えをしていました。もうすぐ7時でしたので、出すとすべての部屋を警戒して回っていました。いつものRoccoです。うれしかったです。

ワンちゃんは痛みをあまり表現しないと書いています。
NHKの「ダーウインが来た」で幻の白オオカミを見ました。ここにも少し前に書きましたが、エルザと名付けられた雌のオオカミは体調が悪くなって歩くのもふらふらなのに、生まれて間もない弟達に乳を飲ませてそのあと穴の中に入って二度と出てきませんでした。泣いたり、吠えたりしないのですね。

人間は痛みに弱く特に男性は出産という最大の痛みを経験しないからか、大騒ぎします。ボクは胆石、尿管結石を経験しましたが、それでも痛みのレベルで言うとたいしたことではないようです。

きっと3日間Roccoは腹痛があったのだと思います。それで出してくれと吠えていましたが、痛みで吠えていたわけではないと思います。

Roccoはしゃべれませんが、ボクにはRoccoのしぐさでだいたいわかります。今回のことは初めてのことだったのですが、ボクも学習しました。今後ボクが寝てしまったときにRoccoの声が聞こえるようなものを設置しようと思っています。

18_2_15_1

ねころんでいると、Roccoがボクの顔をなめに来ました。ボクは目を閉じ、試練の時がすぎ去るのを待ちます。と言っても大変うれしいことです。こんなことできるのはRoccoだけです。

2018年2月14日 (水)

ロッコの460日目(生後512日)

Roccoは本当にかしこいワンちゃんだと思うようなことが続けて起こりました。
昨夜、ボクはRoccoが近くにいるときに座っている状態から目をつぶって仰向けに寝転びました。するとRoccoはボクに何か起こったのと思ったのか顔をなめに来ました。ボクは目を閉じていましたので、そのまま様子をみているとRoccoはボクを起こそうと考えているのか、いつまでも顔中をなめていました。
ボクが座るとRoccoはあわててペットシーツにウンチをしに行きました。

Roccoはボクを起こす方を優先したのです。Roccoはかわいいだけではなくかしこいワンちゃんだと再認識しました。

先日も書きましたがRoccoの「おすわり」は面白いです。「おすわり」と言うとこちらにお尻を向けてすわり、お尻をボクに接するようにします。

昨夜もRoccoは3日連続で大きな声で吠えましたがケージを開けるとオシッコとウンチをしてくれました。多分車に乗せてもオシッコやウンチがしたくなったら教えてくれるのだろうと思います。
特になにも教えていないのにかしこいと思いました。

普段は夜に泣くときは甘えたような鳴き方です。ボクが行くとシッポを振ってくれます。ボクが両手をケージの隙間から入れてRoccoの頭をなでてやると、目を閉じてボクの手をなめています。そして10分ぐらいして、ボクがゆっくり手をケージから外に引き出すとRoccoは眠ります。

P1020430

少し眠たくなったRoccoです。今は抜け毛が多くていつの間にかボクの口の中に毛が入っていることもあります。でも、Roccoの毛だからなんとも思いません。胸の白い毛は本当にきれいです。

2018年2月13日 (火)

ロッコの459日目(生後511日)

夜遅くはボクはRoccoの部屋でパソコンに向かっています。最近はパソコンに向かってもスライドを作ったりと言うことは減りましたし、そのような仕事は昼間勤務先でやっています。
夜はAmazonなどで買い物をしたり、写真の整理をしたり、本を読んだりしています。

昨夜と一昨夜の2日連続で午後11時頃Roccoが大きな声で吠えるので、ケージの隙間から見ると、ボクの差し出した手を引っ掻き、Roccoは出口に向かいます。いつもと様子が違うので仕方なく出してやると、もうエアコンも切れた寒い和室に向かいます。
そしてペットシーツにオシッコをします。ボクは「そうか、オシッコがしたかったのか・・」とペットシーツを交換していると、そのすぐ近くで少し柔らかいウンチをしました。
昨日はペットシーツでオシッコをしたあと後、台所でウンチをしていました。こんなこと初めてです。

一体Roccoに何が起こっているのかいろいろ考えましたが二通りぐらいあるかと思っています。いつも夜泣くのは甘えている鳴き方でそんなに切迫感はないです。手を入れてRoccoの頭などをさすってやると落ちついてまた寝ます。
しかし、今回の鳴き方は異常なことが起きている時の鳴き方です。二日間続いていますので気になります。
散歩が寒すぎてお腹が冷えていたのかも知れません。また先日のワクチンの副反応だったかも知れません。Roccoの身体にとって重大なことではないので少し様子をみます。

18_2_13_1

こうしてRoccoと遊んでいるときがボクは一番癒やされる時だと思います。ボク以外にも多くの人がワンちゃんで癒やされていますね。

2018年2月12日 (月)

ロッコの458日目(生後510日)


朝起きると外は真っ白でした。夜中に雪が降ったようです。

今日は出かける用事もないので、雪が積もっていても気になりません。久しぶりのモノクロの世界を見たような気がします。窓からモノクロの美しさを眺めて、Roccoを連れて散歩に行きました。Roccoに雪を教えました。いつもとは違うと思っていたかも知れませんが、いつもと同じように歩きます。ただし電柱など無視して歩き続けます。

お腹を雪でこすって濡れていました。お腹が冷えたかも知れません。これからタオルで腹巻きを作らないといけないかもなどバカなことを考えています。

Roccoはボクが床に座るとボクに背を向けて座り、そのあと背中がボクの足に付くまで座ったまま近づいてきます。
その習慣からか、「おすわり」というと必ず向こうを向いておすわりをします。ボクはこれで良しとしています。今日はたくさん遊んだので久しぶりに何度もRoccoの笑顔を見ました。

18_2_12_1_2

誰もいない公園です。まだ子供達も雪遊びに出てきていません。Roccoの独り舞台です。肉球が冷たかったと思いますが、どんどん歩いて行きます。

Dsc00985

Roccoは今日はよく笑うところを見せてくれました。Roccoが笑えばボクも笑えます。

2018年2月11日 (日)

ロッコの457日目(生後509日)

今日も1日Roccoと一緒でした。
たくさん遊びました。何度もRoccoの背中をなでてやりました。その時、Roccoは耳を倒してじっとしています。こんな時間がボクにとっては心が癒やされるひとときです。ボクの心の小さな傷はこんなひとときで完治します。

ボクはしばしばおやつを食べるのですが、包んでいる袋を破るときの音だけでなく、袋をつかんだときのわずかな音でも聞き取りRoccoは飛んできます。最近ボクは「三重奏」というポッキーの一種を好んで食べています。オレンジピールが入っていて、なんとも言えないおいしさです。
買いだめしていましたが、もう今はどこにもないです。製造していないようです。季節ものだったのか、一時的に製造してみたが売れ行きがよくないので止めてしまったのかそのあたりは不明です。

「三重奏」がないとなると、いつでも売っている物にしなければなりません。ボクが好きなのは甘い物です。特に粒あんが好きです。
ボクが食べているものをRoccoには渡せませんので、食べるときは気を遣います。音もさせず、口もあまり動かさず食べないといけません。でも、Roccoの減量のためにそのぐらいのことはしなくてはなりません。

Dsc00954

Roccoの体内時計は正確です。眠たくなるとケージではないところで寝たいようです。美味しそうな匂いがしたり、お菓子をあける紙の音がしたら走って行かなくてはならないからです。赤いベッドに入って時々耳を動かし様子をみています。

2018年2月10日 (土)

ロッコの456日目(生後508日)

今日は午前中にシャンプーしました。そして午後から雨の中動物病院へ行ってきました。行く前に教えるために「ロッコ、ドライブにいこか」と言いました。車に乗ってどこかに行くのを「ドライブに行く」と教えることにしました。
運転して5分ぐらいでRoccoは行き先がわかるようです、そわそわしています。
そうだ、動物病院に行くときはいつもペットショップミクニの前を通っていたのです。雨が降っていなかったら帰りに寄れたかも知れないですけどね・・・。

体重は4.15kgでさらに増加中です。チワワとは考えられません。病院の先生は代謝の関係もあるのでと気にされていませんでした。ボクもあまり真剣に考えずにいたいですが、おやつだけは控えようと思っています。
爪切りと足裏の毛のカットもしてくださり、6種混合の予防注射もしました。来月は狂犬病の予防注射です。

帰りにTSUTAYAに寄りたかったですが、雨がひどくなってきたので、明日Roccoが昼寝の時間にでも行こうかな・・・。

Dsc00958

今日は爪切りと足の裏の毛のカットはRoccoは動かずじっとしていましたから、疲れたと思います。家に帰っても早くから眠たそうにしています。

2018年2月 9日 (金)

ロッコの455日目(生後507日)

最近Roccoはたくさん甘えるようになりました。
昨夜も寝る時間が来て床の上で横になって目を閉じるぐらいになっていましたが、ケージに入れようとするとサッと逃げてまた別の場所で寝ようとします。そして、なんとかケージに入れるといつも熟睡していましたが、昨夜はテレビをつけて、ボクが食べ始めると「キャン・キャユーン」と甘えた鳴き方を15分ほど続けていましたが、心を鬼にして戸も開けなかったし、Roccoをケージから出しませんでした。

9時半ごろRoccoの部屋に行くとそこはボクの机もありますのでPCを立ち上げて、本を読みかけていましたが、またRoccoが呼びます。完全に寝ていると思ったのに・・・。

ボクはすぐには行かないで、しばらくしてRoccoがほとんど泣き止んだときに、見に行くとあごを床の毛布の上に置いて目は開けていました。
ボクはRoccoにたくさん話しかけました。Roccoには意味はわからないと思いますが、ボクはRoccoにはボクの言っていることがわかっていると言う気持ちで話しかけています。
「ロッコ、ねんねの時間やろ。明日たくさん遊ぶからねんねするやで。明日はライオンで遊んで、ラブちゃんで遊んで、グリニーズ食べて、少しだけレスポワールあげるからな・・」
と幼い子供に話しかけるように話します。Roccoはボクの手をなめながら静かに聞いています。

Roccoも大人になってきたから、寂しさを感じるんだろうなと思っています。睡眠時間も短くなっているように思います。

P2070670

昨日の続きです。ボクがなかなかイスから降りないもので、足を甘嚙みしています。ちゃんと両手でボクの足を抱えています。足関節のところの赤くなった皮膚は数日前に靴下を取りに来たときに噛まれたものです。Roccoにしたら甘嚙みなんでしょうが・・・。

2018年2月 8日 (木)

ロッコの454日目(生後506日)

Roccoは最近甘え方が上手になりました。そして夜間は以前より目ざとくなりました。

ボクが床に座るとあわてたようにそばに来て座ります。一旦座ったあとも身体をずらしてボクの足に背中などをひっつけようとします。これは本当にかわいくて癒やされます。ボクが立ち上がるとあわててRoccoも立ち上がり、ボクの行くところに着いてきます。

夜は今までなら一旦寝ると、滅多に起きなかったのです。しかも起きてもあごをベッドの端に乗せてじっとしていましたからまたすぐに寝ていました。
しかし、今は一旦起きると立ち上がっていて、ボクの顔を見ると「キュイーン・キュイーン」と泣きます。なぜ変わったのだろう?ボクはケージの隙間から手を入れて長い時間かけて話しかけています。Roccoはボクの手をなめながら目を閉じています。そしてボクは手を徐々に下の方に動かすと、Roccoは伏せになり、そのまま寝てくれます。

P2070658

ボクが椅子に座ると降ろそうとします。パジャマのズボンの裾を引っ張って降ろそうと考えています。これが効果ないと、足に甘嚙みしてきます。

2018年2月 7日 (水)

ロッコの453日目(生後505日)

今日は水曜日ですので、午後からの出勤です。静かに準備しましたが、ロッコは数回吠えていました。最近は「気をつけて行くんだよ」と聞こえるようになったので、気にしなくなりました。ボクが玄関まで行くと吠えるのを止めます。

昨日仕事が暇なときに「光の道」という盲導犬ラシッドと前向きに歩いている30台ぐらいの女性松山真由美さんが書かれた本を読みました。140ページほどだったので一気に読み終えました。1時間半ぐらいでした。途中で何度か涙腺が緩みました。

生まれつきじゃなくて30歳になってから視力を失ったのですから、その苦しみは想像を絶すると思います。ボクも両眼をつぶってさらに両手で目を押さえるとそこは暗黒です。ボクはこの状態で生きていけるだろうかと考えると、否定的ですが、若ければまた違った考えが出てくるかも知れないです。

盲導犬をボクは実際に見たことはないです。見るのはいつもテレビです。だからボクは知識としては盲導犬はどんな乗り物にも一緒に乗れるし、どんな店にも一緒に入れることは知っていました。欧米なら当たり前のことでも日本はまだまだこのような特別に訓練されたワンちゃんを知らない方がたくさんいるようです。特に飲食店の採用の面接には必ずこのことを質問して知らないようなら採用しない方がいいですね。まあ、知らなければちゃんと覚えてもらう方がいいですか・・。

この本を知ったのはFacebookでした。ボクはこの本をいただいた方のお母さんを長年外来でみてきました。そこで娘さん(ナース)がこの本を紹介されていました。今はAmazonにもありますが、その時は発売前だったからか見つかりませんでした。その後すっかり忘れていましたが彼女のお母さんがちょっとしたことで入院になった時に顔を見に行くと娘さんがいて、「光の道」という本を渡してくれました。

ワンちゃんの素晴らしい能力が一人の人間を絶望の淵からひき上げる力を持っているのです。わが家のワンちゃんは盲導犬や介護犬のような能力はないですが、癒やしの力はボクにとっては最高です。

Hikarinomiti

これは2冊目のようですが、盲導犬を知るためにも、日本の遅れた盲導犬の見方を改めるのによい本だと思いました。著者からボクもパワーをもらいました。
ボクの知らなかったことが一つありました。ハーネスを外すと普通のかわいい、甘えもするワンちゃんになることは知りませんでした。

18_2_7_1_2

昨夜のRoccoです。ボクがトイレから戻るとケージの中で座っていました。夜中の12時頃です。「ロッコ、どうしたんや?」というと甘えた声で泣きます。そして出口の方に向かいます。以前Roccoが夢を見て大きな声で泣いていたことはありましたが、今回のようなことは初めてです。ボクは両手をケージの隙間から入れてRoccoの頭をなでてやりました。いろいろなことを話しながら・・・。Roccoはしばらくボクの手をなめて寝てくれました。まだまだRoccoの心が読めないです。

2018年2月 6日 (火)

ロッコの452日目(生後504日)

知人でやはり小型犬を飼っている方がいて、そのワンちゃんも去勢していますが、元々オスなので足を上げてオシッコするそうです。それはRoccoも同じなのですが、室内ではRoccoは両足を少しかがめてオシッコしますのでほとんどペットシーツからはみ出るようなことはありません。しかし、知人のワンちゃんは家の中でも片足あげてオシッコしますので、大部分がはみ出るようです。

Roccoもまれですがペットシーツ以外にバスマットの上でオシッコをすることがあります。
わが家のバスマットは真っ白ですから、Roccoがその上にオシッコすると少し黄色くなるのですぐわかります。これはRoccoが悪いのではなくて片づけないこちらが悪いので叱ることはないです。

暖房しているのですが家の中をRoccoが自由に動けるように、少しずつ戸を開けています。最近のような寒さだとそれがこたえます。暖房していても隙間風が入ってきているような感じです。
Roccoがペットシーツのある部屋や警戒のために玄関や勝手口にも行けるようにしないとRoccoが戸をガリガリと引っ掻きます。この寒さでシャワーのあと洗面所で身体を拭いているときにRoccoがガリガリと戸を引っ掻くと開けてすぐ閉めますが、Roccoにしたら「いつも開いているよ」と言いたいかも知れないので仕方ないです。

Dsc00855_2

Roccoにとっては食べ物のあるところも飼い主も自分から見るとずっと上なので、上を向いている時間が長いです。「肩こるやろな」

18_2_6_1_2

この写真が「ボクの部屋」が「ロッコの部屋」に変わった理由をうまく表現していると思います。この写真の左側の椅子のところまでがボクのスペースで、そのすぐ後ろのラグからケージまでがRoccoのスペースです。Roccoはそれを確認しているようにも見えます。

2018年2月 5日 (月)

ロッコの451日目(生後503日)

一昨日の新年会でいろいろなワンちゃんのお話が聞けました。やはり恐いのは病気ですね。ダックスフントが4歳で突然なくなったとか、先日も書きましたが悪性リンパ腫で遠い病院に通った末なくなったとか、恐い話が今も頭の中を駆け巡っています。

今朝も少し遅れての出勤でしたから、Roccoは何度もワンワン吠えていました。ボクはRoccoに悟られずにそっと家を出るのは難しいようです。わんちゃんホンポによく書かれている「分離不安症」というものでしょうか?しかしこれは別に病名ではなくて、まだ1歳のワンちゃんなら当たり前のことのように勝手に思っています。

この時期は換毛期で毎日掃除が大変です。昨日はロッコがくつろぐマットをダイソンの強力な掃除機で吸い込むと小さな毛がいっぱい取れました。それにブラッシングでも取れますから、今後は少しは室内で舞い上がる毛は減るかも知れません。

18_2_5_1

「ロッコ、パパの足の上で遊ぶのはいいけど、なんか見つけても噛んだらダメだよ」と言っていますが時にはヤバいことがあります。

2018年2月 4日 (日)

ロッコの450日目(生後502日)

今日はRoccoの昼寝の時以外はずっと一緒でした。

短い散歩もしましたが寒くて耳が痛いので20分ぐらいで切り上げました。それからRoccoの嫌なシャンプーをしました。そしておしりのところにあるカーテンのような長い毛が地面の上を掃くようになっていましたので、動物病院まで1週間あるので慎重に少しだけカットしました。(ドキドキです)

昨日聞いたゴールデンとラブラドールのミックスを2頭は散歩の時にドングリやぎんなんやネコの糞まで食べるそうです。さすがにRoccoにはドングリやぎんなんはかみ砕くことは無理だと思いますし、関心も示しません。しかしネコの糞か片づけられていないワンちゃんのウンチかわからない物には匂いをかぎに行きますから、リードを強めに引きます。

ボクは今日は早めの入浴でしたので、Roccoはボクが終わるまで外で待っていました。入浴中もすりガラス様になったアクリル板に黒い鼻が時々見えました。
風呂の扉を開けて、「ロッコも入るか?」と聞いても、朝のシャンプーで懲りていますから水の音にはおびえているようです。ボクの顔をじっと見ていつもと違うと思うのか怪訝な顔をします。頭を洗ったあとでしたから・・。

Roccoはボクがいなくなると必死で探しますので、Roccoにはボクが必要なようです。うれしいことです。

Dsc00920

遊び疲れたRoccoです。もうすぐ寝る時間だけど、今日も楽しかったろうか?シャンプーは嫌だろうけど、その前のブラッシングは嫌がらなくなりました。なんで受け入れるようになったのか不明ですが、うれしいです。
Roccoの1日はボク達の5-7日分にあたるのだから、大切にしてあげないといけないですね。

2018年2月 3日 (土)

ロッコの449日目(生後501日)

今日は午後1時から今は行っていないクリニックの新年会でした。午前中にいつものところでカットをしてもらいガソリンも入れてきました。

新年会といっても昼食ですから大きなお皿に色々な料理が並べられて、パンと色々な種類のチーズが出ていました。適当にお皿に入れてくれましたが、ボクはお昼はあまり食べないので少しだけいただきましたが、結構美味しかったです。

Roccoはボクが4時頃帰ると、喜んでくれました。ボクが床の上に座るとそばから離れません。ボクはRoccoのからだじゅうをなでてやります。Roccoは耳を倒してじっと座っています。

今日の新年会でも院長のゴールデンリトリバーが悪性リンパ腫でなくなったこと聞き悲しかったです。りんくうのところにある動物病院へ長く通ったそうです。今はゴールデンとラブラドールのミックスを2頭飼っているそうです。25kgと35kgだそうです。ボクの横に座っていた医事科の方はダックスフントを2頭飼っているそうです。

みんなボクより年は若いですからいいですから、まだまだ長くワンちゃんと長く暮らせます。

Dsc00934

夕方、眠たいのでここで寝ようか、遊ぼうか悩んでいるようです。

2018年2月 2日 (金)

ロッコの448日目(生後500日)

今日はRoccoが生まれて500日目です。別に誕生日でも何でもありません。しかしボクには感慨深い物があります。

悲しそうに泣いていたのはあまり心配なく夢を見て記憶の整理をしているとかで、以前の患者さんからメールいただき、そうなのかとホットしています。確かに今朝も元気で、はいたばかりのボクの靴下を取ろうといたので叱っていました。

今朝は少し早く出ました。昨日の雨と今日の冷え込みから渋滞するかも知れないと思ったからです。それにもかかわらず、ボクがいつも上がる晴美台1丁で、たくさんの車がバックで降りてきます。見上げると泉北中央線は全く動いていませんでした。ボクは晴美台1丁を上がらずにベルランド総合病院の前を通り東八田4号で泉北1号線に上がると全く渋滞はなくすいすいと進み8時には着いていました。聞くところによると泉北1号線、2号線の一部で凍結のため事故が起こり一部通行止めになっていたそうです。

いつもの暖かいレモンティーと「ハムアンドチーズ」のパンを買いましたが、コンビニはすいていました。

ボク以外はみんな少しずつ遅れていました。こんな日もあります。ボクはドヤ顔だったと思います。

Roccoが病気じゃないと思うと気持ちは楽になりました。ネットにも載っていましたがワンちゃんも夢を見て泣いたり足を動かしたりするそうです。Roccoはボクがいるとわかったら大きなあくびをして、またバッタと「ふせ」になりましたから、大丈夫とは思っていました。

18_2_2_1

たくさん散歩したから疲れたなと思っているのでしょうか?

2018年2月 1日 (木)

ロッコの447日目(生後499日)

昨日の夜、ボクはパソコンに向かっているときボクの後ろにあるケージで寝ているはずのRoccoが突然「キュイーン・キュイーン」と悲しそうな声で数回鳴きました。大きな声でした。

ボクは驚いてすぐにRoccoを見に行きましたが、座り込んでじっとしていました。夢を見たのかも知れません。悲しい夢を見たのなら起こしてあげようと思いましたが、すでに起きていました。ボクは「ロッコ、大丈夫、大丈夫。ここにいるよ」と言うと、大きなあくびをしていました。
Roccoは母親を覚えているのだろうか?生後2ヶ月足らずでペットショップのケージの中にいました。そして、ケージに入れられたその日にボクと出会いました。

たくさんの偶然があり、Roccoと出会いました。創造主がおられるなら感謝します。

今日は寒いし雨が降っていますので散歩には行けません。かわいそうです。

18_2_1_1

この時はRoccoは安心して寝ていました。昨日はどんな悲しい夢を見たのでしょう?

2018年1月31日 (水)

ロッコの446日目(生後498日)

今日は水曜日ですので午後からの出勤です。Roccoが昼寝中にボクは出て行くわけです。
先週は寝ているはずのRoccoが大声で吠えていたので今日は慎重にRoccoから離れたところで出て行くための着がえなどすることにしていました。その直前にシェイバーを取りに行った時にはRoccoは見えませんでしたから、熟睡していたと思います。

ところが、いざ靴下をはき始めると、「ワン」と1回吠えました。なぜわかるかと思いましたが、とにかく大急ぎで用意して出かけました。さすが警備主任だけのことはあると思いました。
見えなくてもわずかな衣擦れなどを聞き分けるのかもしれません。ボクたちの常識でははかれない能力があることは確かです。

Roccoが窓の外に向かって吠えているときでも、何か理由があると思います。
一昨日も窓の外に向かってRoccoが長い間吠えるので見に行くと、スズメより少し大きくて黒っぽい鳥が2羽来ていました。鳴きもしないのに何でわかるのだろうと不思議でした。

18_1_31_1

Roccoが長く吠えるために見に行くと鳥が水を飲みに来ていました。なんでわかるのか不思議です。

2018年1月30日 (火)

ロッコの445日目(生後497日)

Roccoは小さな時もかわいかったですが、今はしぐさもかわいくなり、ボクが落ち込んでいるときでも笑わせてくれます。ボクにとってはかわいい息子であると同時に、天使のような存在です。天使が何かはよくは知りませんが・・・・。

今朝もボクがシャワーを浴びて出てくると、待っていて、ボクのぬれた足をなめてくれます。Roccoは唾液が多いのでRoccoがなめたあともぬれていて、あまり助かったという感じではないです。でも、Roccoがなめている間はなるべく動かないで頭や上半身を拭いています。もし動けば踏んでしまうかもしれないので。上から小さなRoccoのしぐさを見ていると本当にかわいいです。これも日課になっています。

Roccoはわが家から出て行くことのない息子ですからボクがずっと守ってやらないとダメなんです。RoccoはRoccoで警備主任としてわが家を守ろうとしてくれています。新聞配達や郵便の配達にも吠えていますが慎重なんでしょう。
いつまでもこの生活が続くことを願っています。

Img_3036

Roccoは牛皮を噛むのに疲れたので、ボクに助けを求めてきたようです。しかし牛皮を取り上げることはできません。Roccoをソファーにあげてやるとどこかに隠そうとします。
タバコをくわえるようにちょっと斜めに向けています。牛皮を隠せばボクと遊ぼうと思っています。

Img_3046

Roccoはあぐらをかいたボクの足の上でくつろいでいます。ウトウトすることもあります。

2018年1月29日 (月)

ロッコの444日目(生後496日)

Roccoはやはり小さいです。他のチワワと違って体重も標準よりややオーバーしており、毛も多いですが家の中でも小さいですし、外で見るとさらに小さく見えます。
さらに防寒着など着ると、足の動きが制限されるため、チョコチョコ歩く感じでかわいそうです。早く春が来て欲しいです。小さなRoccoに病気などないように祈っています。

今日は10時出勤ですので、いつもより2時間遅く出られます。9時出勤ですと8時に出ても普通ならば十分間に合うはずですが、時にすごい渋滞が起こることがありますので、7時半に出ています。
しかし10時出勤ならば9時半頃出ても十分間に合います。やはり朝の出勤のピークがあるようです。今日、Roccoはボクが出るときに大変怒って吠えていました。今日はどうしたんだろう・・・。

土日の2日間は長い時間をRoccoと過ごせました。ボクがRoccoの背中をなでている間はRoccoはじっとしています。どこかに行きたくてもじっとしています。ボクは後ろ向きのRoccoがどこかに行きたがっているのがわかるので、Roccoから手を離します。
するとRoccoは警備主任として窓のところに急いで行っています。吠えるほどではなかったようです。でも、低い声で「ヴー」とうなっていました。

18_1_29_1

縁石と比べてもらえればRoccoがいかに小さいかわかってもらえると思います。小さなRoccoを全力で守っていかなければと思っています。

2018年1月28日 (日)

ロッコの443日目(生後495日)

昨日買ったRoccoのベッドがRoccoにはよくないことがわかりました。Roccoは寝るときにはたいてい頭をベッドの下に入れていますが昨日買ったベッドは裏に滑り止めが着いていましたのでRoccoの頭や首のまわりの毛が絡まりそうでケージの中では使えません。
そこで以前品揃えが豊富と聞いていたペットショップに行ってきました。品数は断然多いですが裏に滑り止めが付いていないベッドはなかったです。

来たついでに店の中で歩かしているワンちゃんや展示販売されているワンちゃんも見てきました。Roccoが一番かわいいと思いました。またRoccoが一番太っていると思いました。sad

広い店の中を見て回り、Roccoのオモチャを一つだけ買って帰りました。ベッドはまたネットで探します。

帰るとRoccoが昼寝から起きていて、すぐにオモチャを見つけ、くわえて走り回っていました。こわすまでそれほどの時間はかからないと思います。

Dsc00891

ワンちゃんのオモチャです。危険な物は付いていません。Roccoは壊すのは早いからいつまで持つかなぁ~。

Dsc00902

オモチャを振り回しているので、「ロッコ、いじめたらダメよ」というときょとんとしていました。

2018年1月27日 (土)

ロッコの442日目(生後494日)

今日はまず高島屋のペットショップに行きました。ここに今使っているケージの中のベッドとよく似たものがあったのでそれをまず買いました。(写真の上1)それから念のために首輪の丈夫で軽くて柔らかいものを探しましたら一応それに該当する物があったので、1週間はこれで様子をみようと思います。首輪に関しては普段はRoccoの長い毛で隠れて見えませんので柄は何でもよかったのですが、それでも目立つ色にしました。(写真の上から2番目)

今日はRoccoと長く一緒に過ごしました。充実した楽しい1日でした。Roccoはまだ体重は減ってそうにないですが、朝晩のドッグフードの食べ方は少ないです。なんで、こんなにしても減量できないのかと考えると、かわいそうになります。

Dsc00888

Roccoは昼寝から起きてきてこれは自分のものだと思って、匂いをかいでいましたが、あまりお気に入りではなかったみたいです。しばらく様子見ます。

18_1_27_1

手前が今迄使っていた物です。色違いで2つあります。以前透明なバックルが買ったその日に割れてしまったことがありました。力を入れたり踏んだりはしていませんので、交換はしてくれましたが、このバックルの強度試験ができているのか疑わしくて、心配でした。Roccoの体重も増えていますし。鈴が鳴ってRoccoがどこにいるかわかってよかったのですが・・。
今度は上の少し幅がある、バックルもYKKのものが着いた物を選びました。これで一安心です。

P1020418

今撮ったところの写真です。眠たくて隠れているRoccoです。眠たくなければ一緒に遊べるんですが・・・。寝ることも大切です。「おやすみ、ロッコ。」

2018年1月26日 (金)

ロッコの441日目(生後493日)

Roccoはもう大人になったと思いますが、睡眠時間は一向に減りません。窓から監視していても、不審なことがない限り吠えたりはしませんから、眠くなるのかも知れません。
窓のそばでなくても物音にすごく敏感で眠たそうにしていても、ボクには聞こえないですが、Roccoには何か聞こえるのでしょう、耳をたて、目を見開き窓のところに走って行きます。

ボクが家に帰ってからでもRoccoはボクが座ってるところはいつもチェックしており、ボクが動くとトイレでもついてきます。Roccoが行けない2階に行ったり、夕刊を取りに少し玄関を出るだけでもワンワンと吠えます。
ボクが床に座っているとそばに来てゴロンと横になります。牛皮をくわえていることもありますが、なにもくわえていないこともあります。
ボクはRoccoがボクのそばに来てくれることだけでうれしいのですが、少し背中をさすっていると寝てしまうことがあります。とにかくRoccoは少し太ったので睡眠時無呼吸症候群になったのかと思うぐらいよく眠ります。

夜も以前は8時ぐらいにケージに入っていたのですが、今は7時前後になったらもう目をおけていられなくなります。かわいい!

Dsc00868_2

カメラ構えているのに、知らん顔。上の空です。

Dsc00869

数秒後です。Roccoは眠いようです・・・。このあとあごを床につけて数分寝ていました。

2018年1月25日 (木)

ロッコの440日目(生後492日)

今日もRoccoは散歩に行っています。-2℃の中です。近くだけにしています。寒さが一時Roccoが不調になった原因かも知れませんから。明後日には初めて行くペットショップで直接ボクの目で見て堅さ重さを調べて、バックルの強度も調べてRoccoに一番適した首輪を買う予定です。

今朝はボクがシャワーを浴びるのにパジャマなどを脱いでいるときにRoccoがいつものようにやって来て、ボクが脱いだパジャマを取りたいようです。ボクはパジャマをRoccoにかけてやりますと、Roccoは見えなくなりますが、シッポを振っているのはよくわかります。その上からボクが両手でRoccoの身体を挟んでやると、Roccoますますシッポを大きく振ります。

今年の冬は特にきびしいので、散歩に行く方がいいのか、今は控えている方がいいのかわからないので、短時間の散歩にしています。しかも主に公園内です。早くこの寒波が過ぎ去ることを願っています。「ロッコ、もう少しの辛抱やで・・」

18_1_25_1

ここは公園ですから万一首輪が外れても、比較的安全です。この日はまだ今の寒波が来る前でした。Roccoはスズメではない小鳥を追いかけていました。その小鳥は白と黒でシッポがやや長い鳥です。調べても名前は不明です。その小さな鳥はRoccoが近づくと10mほどヒョイと移動します。するとRoccoはまた追いかけて、またその鳥がヒョイと移動します。鳥も遊んでいるのかも?

18_1_25_2

Roccoが椅子に座っているボクに何か訴えに来ています。「あそぼ」がほとんどです。以前はもっと積極的で足を甘嚙みしたり、引っ掻いたりしていました。今は静かです。ただ待っています。青い物は以前買ったRoccoの靴下ですべり止めが着いていたので赤と青を買いました。100均だったと思います。でも1回もはいたことはないです。

2018年1月24日 (水)

ロッコの439日目(生後491日)

Roccoは元気です。今日は午後からの出勤なので、ソファーで横になっていたら寝てしまいました。何度かRoccoがジャンプして、ボクのすぐ目の前に現れます。大きな目と耳の後ろに倒した丸い頭がかわいいです。その時はボクは手を伸ばしてRoccoをさわろうとして手を下ろしますと、ボクの親指と人差し指の間にRoccoの鼻を入れてきます。遊びたいのかも知れません。

ボクが10時半頃からひげそりしたりシャワー浴びたりしても昼寝中のRoccoは全く反応はないですが、ボクが服を着ようとした頃から「ワン・ワン」と吠え始めボクが玄関で靴をはく頃には泣き止んでいます。見えないのに何でわかるんだろう?遅い出勤の時吠えるのは一時はなくなっていたのですがまた出てきました。「ロッコ、ボクが出て行くのが嫌なんやね・・・」lovely

首輪がまだ不十分ですが、今度の土日でも、品揃えが豊富と教えていただいたペットショップに行ってきます。これだけはネットで買うのは、無理です。柔らかさ、重さなどはわかりませんから・・・。またケージの中のベッドも朝洗ってもRoccoが寝るまでに乾かないことがありますのでもう一ついります。これもネットで見つけて送ってもらいましたが意外と小さかったので失敗です。3回連続いらない物を買いました。学習しなくてはいけないです。

18_1_24_1

Roccoの口が寂しい時に渡す牛皮です、ここまでほどいて平らにするのに30分はかかっています。ちぎって食べることもありますが、途中で捨てるようにしています。喉につかえたりすると恐いからです。

Dsc00604

Roccoの昼のおやつはいろいろありますが、一番喜ぶのは牛肉を塩も油も使わないで焼いたものです。これが出てくるとRoccoはジャンプして喜びます。

2018年1月23日 (火)

ロッコの438日目(生後490日)

Roccoの不調の原因としていろいろ考えましたが、最近の変化としては、寒くなっていること、首輪を大きな物に代えたことぐらいです。寒さに関しては外に出ているときだけですから寒い日の散歩の時間を短くすることなどを考えました。

昨日の2枚目の写真に見えますようにRoccoの首の下に大きな金属のリングがあります。よほど大きなワンちゃんでもこれならリングがゆがんだりすることはないとおもいます。それほど丈夫な金属の輪っかです。首輪はまた探し直します。とりあえずはYKKのバックルを使った首輪の小さいのがありましたのでそれを使っています。しかし細くて硬いので少しかわいそうです。

それか今まで通りの首輪をして外出はハーネスを服の上からつけることも考えています。だれにも文句を言われずに散歩できるところは交通量が多くて万が一首輪が外れたり、車がクラクションを鳴らしたりすると、首輪のバックルを引きちぎってRoccoはパニックを起こして車道に飛び出すかも知れません。それを考えるとゾッとします。

Roccoは昨夜、眠くなるとどこかに隠れようとしていましたし、今朝も「ケージから早く出せ」の合図を送っていました。一応元気なときのRoccoが戻っています。しかし、慎重に見て行きます。

Dsc00823_2

こんな大木だからRoccoのオシッコの数滴で枯れることはないと思います。Roccoは大抵左足をあげます。右足をあげることも3%ぐらいあります。両足あげて間違ったことが1回ありました。

28_1_23_1

ボクが床に座るとそのすぐそばに来て、牛皮を噛みます。両手で上手に持っています。大抵仰向きです。お腹を見せていますから安心している証拠です。昨日です。汚い足をお見せしてすみません。

2018年1月22日 (月)

ロッコの437日目(生後489日)

今朝のRoccoは少し変でした。ケージを開けても出てきません。ケージの入り口が開いていることはわかっているはずなのですが・・。入り口から「ロッコ」と呼びながら手を入れるとやっと出てきました。こんなことは初めてです。

そして、起きたあと部屋の中をうろうろしていました。ボクはソファーで寝転んでいましたが、お昼寝の時間がまだなのに自分からケージに入って行きました。そしてケージの中であごを下につけて目を開けてこちらを見ていました。「ロッコ」と呼びかけ、手を中に入れるとシッポを振って手を少しだけなめます。明らかにいつものRoccoとは違います。今日は仕事休んでRoccoを動物病院へ連れて行こうかと思いましたが、しばらくしてのぞいてみると見えなかったので、「ああ、寝たんだ!」と思い出勤の用意をしているとなぜわかったのか「ワン、ワン、ワン」と何度も吠えます。力強い鳴き方です。ボクは少し安心して仕事に向かいました。

Roccoは最近時々体調不良になるので心配が多いです。寒さに関しては空気が汚れないようにエアコンとガスの床暖房にしてますので、問題はないと思いますが、散歩の時の体温の調節ができなくなっているのかも知れません。今日も鼻が異様に冷たかったので、それが今も気になっています。

P1210656

ケージに自分から入っていったことは一度もなかったと思います。たとえ入っても水を飲みに行くぐらいですが、今は舌の傷がひどかった頃から床にも水を入れた小皿を置いています。いつも眠たくなると「やばい」と思うのか、どこかのベッドの中にぬいぐるみを押しのけて隠れます。本人は隠れたつもり・・・。

Dsc00838

首輪を代えたからなのかな?少し元気がないRoccoです。

2018年1月21日 (日)

ロッコの436日目(生後488日)

今日は朝からどこか元気のないRoccoでしたが、お昼寝からおきたRoccoに「散歩、行くか?」と聞くとRoccoは大はしゃぎしますので、散歩に出かけ、すぐ近くの公園に向かいました。

公園に行くと誰もいませんでしたから、Roccoの行きたいようにリードを緩めてあとをついて行きました。多くの時間は匂いをかいでいましたからRoccoが走ったのは少しだけでしたが、公園で走るのなら心配は少ないです。

帰りは車の多い道路の歩道を歩きましたが、首輪がしっかりした作りですから、安心しています。Roccoの横をすごいスピードで車が通り抜けます。制限速度は40kmなどですが、守っているクルマは少ないです。

大阪狭山市の速度制限は少しおかしいところもあります。でもワンちゃんが見えたら少し減速して欲しいですね。

散歩のあとはRoccoは元気になっていました。

Dsc00787

家のすぐ近くの公園です。誰もいないときはRoccoは自由に遊べます。なにも危険な物はありません。夏には山際にはマムシが出るのかも知れません。「マムシに注意」の看板があります。

Dsc00807

ドングリの木の下で匂いを長い間かいでいました。

Dsc00819

誰にも怒られずに歩けるところは少ないです。しかも危険です。今日は頑丈な首輪ですから安心です。

2018年1月20日 (土)

ロッコの435日目(生後487日)

今日はいい天気でしたので、朝から1時間あまり散歩に行きました。誰もいない公園でRoccoは全身が浮き上がるほど走りました。帰ってすぐシャンプーの準備をすると、かしこいRoccoはそれを察してそわそわしていました。いつもより念入りに顔までシャンプーで丁寧に洗いました。最後の仕上げはRoccoの一番嫌いなドライヤーですが何度も脱走しそうになりましたが無事終えました。

Roccoの昼寝の間にガソリンを入れてきました。TSUTAYAはまだ見ていない映画があるので止めにしました。しかし、次男のところの柴犬ドリーを見に寄りましたところ、久しぶりなのにボクを覚えていてくれて、「キュイーン、キュイーン」と鳴きながら飛びつき大歓迎を受けました。15分ほどいましたが、後ろ髪引かれる思いでドリーと別れて帰宅しました。

昼寝からおきたRoccoに新しい首輪を付けてみたところ全く嫌がらずに今までと変わりなかったので一安心です。

ボクの考えとしてはRoccoが快適で安全な生活が送れるようにだけ考えています。

今日は長い時間Roccoと一緒に遊びふれあいました。楽しい1日でした。

Dsc00719_2

今付けているのはこの首輪です。最初は幅がありすぎると思いましたが、全く問題なかったです。これならバックルがYKKですから、100kg近くの強度があるはずです。同じ物が赤ちゃんの抱っこひもに使われていますから・・。

Dsc00735_2

昨夜の写真です。Roccoのオモチャにしかならないと思っていました。

2018年1月19日 (金)

ロッコの434日目(生後486日)

Roccoはすっかり元気になりました。Roccoはしゃべれないし、鳴きもしないので、何が起こっているかわかりません。以前舌が切れていたときも、鳴きもぜず、ただ食べなくなっただけでしたので恐いです。いつもと少しでも違うと心配になります。

昨日はボクが帰ると喜んで何度も顔をなめに来ましたし、「ライオン」も持ってきて、遊ぼうという感じでした。ボクが「ライオン」を投げると今までのようなすごい速さで取りに行きます。ボクが投げる体勢になる前にRoccoは走っていますからRoccoの上に「ライオン」が落ちることもあります。

とにかくRoccoの不調は1日で直りました。うれしかったです。ワンちゃんは痛みも訴えないし、鳴きもしないのでよく見ていかなければと思っています。

昨日の帰宅時、午後4時半頃ですが、隣のトイプードル(13歳)がマフラーをして出てきていました。散歩のようですが服を2枚着てワンちゃんの腰のあたりにカイロが張っていました。(1枚目と2枚目の服の間)すごい寒がりだそうです。

Roccoが寒がらないのはロングコートであり、中に非常に細くて軽い毛があります。見えているのは外側の長い毛です。中側の毛は今、冬用に生え替わっています。抜けた毛がエアコンをつけていると浮き上がって空中を舞っていることがあります。新しい毛が体温を奪わないように守っているのかもしれないです。それと皮下の豊富な脂肪もありますし・・。

18_1_19_1

寝ているはずの時間に起きているみたいに、首輪の鈴の音や歩く音が聞こえるので、のぞいてみると起きていました。多分ボクのキーボードをたたく音がうるさかったのだと思いました。iPhoneで取りましたら魚眼レンズで撮ったように見えました。レンズを近づけすぎたようです。

2018年1月18日 (木)

ロッコの433日目(生後485日)

昨日は1日雨が降りましたので、Roccoの散歩はできていません。そのせいかどうかわかりませんが、いつものRoccoと違いました。どこか元気がない、遊び初めてもすぐに止めるし、心配でした。しかもケージの外にあるベッドのところで寝転んでいたりします。ワンちゃんは痛くても我慢するようなのでしばらくは注意してみていきます。

先日「、「ダーウィンが来た!」で「密着!幻の白いオオカミ」と言う番組がありました。ボクはこの番組は欠かさず見ています。
白いオオカミは北極点に近い北の果て、カナダ北部のエルズミア島。冬には気温マイナス50℃にもなるところに住んでいます。その中の一つの群れを追いかけていました。オスのアルファ、メスのスノーが率いる総勢14匹の大きな群れです。6月上旬、スノーに3匹赤ちゃんが生まれます。スノーと一緒に子育てをするのは、新たに群れに加わったメス、エルザ。大人になって一度群れを離れていたスノーの娘です。ある日、群れに1匹のはぐれオオカミがやって来ます。狙いはスノーの赤ちゃんです。単独では狩りが難しいため、まだ動けない赤ちゃんを襲いに来たのです。オス達は狩りでいないため、スノーたちは敵を取り囲んで必死に応戦します。隙をついて敵が巣穴に入ろうとする直前、エルザが先に穴に入り自らの体でブロックし、チームワークで敵を撃退します。その後も献身的に授乳など子育てを手伝うエルザ。しかし、獲物が限られている中、群れの順位が低いエルザは十分な食べ物にありつけず、やがて命を落としてしまうのです。

ここまではNHKの解説をほとんどそのまま使わせてもらいました。エルザはなくなる少し前から歩くのもふらついていました。そしてエルザがなくなる前日力を振り絞って授乳します。その後巣穴に入ったエルザは二度と出てきませんでした。

今日はRoccoのことは少ないですが、Roccoのずっと昔の祖先なのだから許してください。エルザは鳴きもせず、最期まで幼い弟達の面倒をみました。そして本当にそっと亡くなりました。そして母親のスノーは悲しみの遠吠えを続けていました。

群れで暮らしている動物はこれに近いことが起こると思いますが、「自分の痛みや命より大事なことがある」というオオカミたちの素晴らしさに感動しました。

Eruza_2

幼い弟達へ授乳中のエルザ。このあと巣穴に入り亡くなってしまいます。

18_1_18_1

昨夜のRoccoです。病院へ行くほどではないのですが、いつもと少し違い、すぐに横になります。

2018年1月17日 (水)

ロッコの432日目(生後484日)

今日は朝から雨ですからRoccoは散歩ができていません。午後2時にはやんでいますが、下がぬれていますので、公園内は無理ですね。

今日はボクは午後からの出勤なので、ロッコの昼寝の間にカバンだけをリビングに移動しておこうと思ってカバンを持ってRoccoの部屋から出るときに何度も吠えていました。ボクが出て行くときはケージから出してくれという意味なのでしょうか?

いずれにしても、Roccoがボクのことをそばにいて欲しいと思っていることは間違いないのでそれはうれしいことです。Roccoは1歳4ヶ月になりましたが、最近は遊ぶと言うよりボクの横に来たり足の上に乗ったりして、おとなしくしていることが多いです。

去勢したせいかもしれませんがとにかくドッグフード以外のもを欲しがります。また、そのアピールが大変上手なのでつい少しあげてしますことがあります。Roccoの体重増加はすべて飼い主の責任です。なんとか次回の動物病院の受診までに頑張らなくてはいけません。

Dsc00636

Roccoで気になるのは体重と毛玉ぐらいです。このときも吠えるので行ってみると番犬をしていました。「ロッコ、減量は一緒に頑張ろうな」

2018年1月16日 (火)

ロッコの431日目(生後483日)

Roccoは今日も元気です。昨日も眼科医院から帰るとRoccoは早速「ライオン」を持ってきます。最近はあそぼと誘いに来るのも静かです、椅子に座ったボクのそばで何もしないでじっと待っています。時々する「ライオン」の中の鈴の音で気がつきます。

Roccoは大人になってきたのか、以前に比べるとずいぶんおとなしくなりました。しかし、ボクが一人で外に出たり、2階に上がろうとすると、足にかみつきます。なんとか阻止しようとします。それはより過激になってきた気がします。

帰宅するといつもRoccoに靴下を取られますが、靴下に対する執着は以前に比べるとずいぶんうすれています。数ヶ月前までは寝るまで靴下を移動するったびに持っていました。Roccoは寝るときに靴下の隠し場所が見つからないためボクに助けを求めてきたこともありました。今は靴下を取り上げたら大抵その場に置いたままです。それほど大切なものではなくなってきたようです。

Roccoとの遊びは本当に楽しいです。時間が経つのを忘れます。

18_1_16_1

写真は散歩中のRoccoですが、近所のごく一部の人ですが「この辺でウンコやオシッコさせたら水をかけるぞ」とかいろいろ言う方がいますね。散歩中は必ずウンチは回収し、草の上でしたオシッコは流しています。ずいぶん前も「犬に吠えるのをやめさせろ」と電話がかかってきた頃があります。今は電話番号が出ないものは拒否していますからそのような電話はないし窓もペアガラスに全部変えていますからほとんど聞こえていないと思います。犬猫先進国に比べると大阪狭山市はまだまだですね。
動物病院で会う方はすべて愛犬家、愛猫家ですから、顔を合わせるだけですべてが理解していますよという感じですから、安心できます。

18_1_16_2

Roccoはハイタッチを教えるとすぐに覚えました。今は「タッチ」というとすぐにボクの手をつかみに来ます。つかまないと立ちつづけることができないからこれでOKにしています。

2018年1月15日 (月)

ロッコの430日目(生後482日)

今日は眼科受診でしたが、ボクの目は特に問題はなく順調な経過です。両眼とも視力は1.2あります。毎朝コンタクトレンズを外さずに寝てしまったと一瞬ですが思います。ありがたいことです。

Roccoは元気です。今日は朝から家の中を走り回っていました。Roccoがいて、家の中で遊んでいるのは当たり前の光景となっていますが、そんな日々をありがたいと思っています。

近所のワンちゃん達が寒いので散歩を控えているときでもRoccoは行きたがります。冷たいアスファルトの上を歩くので時々Roccoの肉球を見るのですが、特に問題はないように思います。体重の方は自宅での簡易測定ですが現状維持でした。まだ、ダイエット食は短期間なので効果が出るには数ヶ月かかると思っています。あせらないでゆっくり効果を見て行きます。

この時期はRoccoの毛がたくさん抜けます。いつの間にか口の中に入っていてもごもごして出しますが、Roccoの毛だと思うと不潔な感じは全くしません。

18_1_15_1

早朝の散歩です。他のワンちゃんはほとんどいません。Roccoはいろいろな匂いをかぐのを楽しんでいます。今日は日差しがあるので、ピンクの服はやめて、動きやすい服にしています。

18_1_15_2

散歩から帰ってくると日当たりのいいところで早めのお昼寝しています。少し疲れるのだと思います。

2018年1月14日 (日)

ロッコの429日目(生後481日)

昨夜は咳が出てよく眠られませんでした。だから今日は朝寝・昼寝しました。今は咳も落ち着いてきました。

Roccoは元気です。Roccoは我が家に来てから舌のケガ以外は特に風邪もひいていません。ありがたいことです。ボクはその間早期大腸癌、白内障など見つかりましたが、今はすっかりよくなっています。Roccoがいるからボクは治さなきゃと思いました。

Roccoについて気になるのは小さな毛玉が3ヶ所ぐらいあるのです。長い毛の皮膚に近いところですから、Roccoをなでていてそこにあたると嫌がります。少しは痛みがあるようです。少し調べると毛玉はまわりの毛を巻き込んで大きくなるようです。巻き込まれた毛は引っ張られるようです。当然痛みが出てきます。またばい菌などの繁殖場所になるようです。とにかく痛みがあるのはかわいそうなので、今度動物病院で洗ってもらうときに毛玉の除去もお願いするつもりです。

ドッグフードについては少し食いつきが悪くなってきました。でも少し時間がかかりますが全部食べます。ただ、Roccoの健康を祈ります。

Dsc00680

ボクのすぐ後ろで牛皮を噛んでいます。なかなかほぐれないと飽きてきてボクを呼びに来ますが、今のところまだ来そうにないです。

Dsc00673

Roccoは自分が眠たくなるとケージに入れられるのが嫌で、この中に入ることが多いです。それでもすぐ出されてケージに入れられるのですがこれに関しては学習していないか、それとも知っていても、もしかしたら見つからないかもと思っているのかも知れないです。

2018年1月13日 (土)

ロッコの428日目(生後480日)

今朝はゆっくり起きて、午後からすぐにカットに行ってきました。そこはご夫婦だけでやっており自宅には9才の白黒のロングコートチワワがいます。

行くといつもワンちゃんの話になります。Roccoのことは多くはこのブログで書いてあるようなことを話し、スマホに入っている写真を見せます。少し太っていることを嘆きますと、すごいチワワが知り合いのところにいる話をしてくれます。

そのチワワはパッと見ると柴犬ぐらいの大きさだと言います。それは大きすぎますね・・。飼い主の責任だと思います。ロッコも食べ物を欲しがりますが極力ドッグフード以外は減らしています。その代わり野菜と食べるのに時間のかかる牛皮を渡しています。

Roccoは今日は1日中ボクがいるので、牛皮を噛みながら、ボクの足に背中を押しつけて、ゆっくり噛んでいました。

今日はRoccoがケージに入ってから録画していたNHKの世界のワンちゃんのシリーズの全6本のうち最後の2本を見ていました。

18_1_13_1

テレビはワンちゃんの素晴らしさを教えてくれました。海外のワンちゃんは多くは保護犬とか家の前に捨てられていたワンちゃんが多かったです。

Dsc00631

これはRoccoと遊んでいるときの写真です。Roccoが油断しているとボクがRoccoの前にあるロープを取ります。今はRoccoは全神経をロープとボクの手の動きに注いでいます。

2018年1月12日 (金)

ロッコの427日目(生後479日)

Roccoは今日も元気です。しかし、朝にボクが出勤するときは吠えたことないのに、今日は吠えていました。ボクが車に乗る時にはおとなしくなっていました。

今日も寒い中朝からピンクの防寒着を着て散歩です。公園の砂地はまだ肉球にやさしいかも知れないですね。販売されている防寒着のほとんどは帽子付きです。Roccoにはいらないというか、Roccoの耳は鼻以上に外では大事なところですから、隠すのはよくないと思っていました。しかし、寒いときは嫌がらずかぶっています。

家の中では何か警戒中の時のRoccoとだらーんとしているときのRoccoは全然違います。

ボクが横にいるときのほとんどの時間はボクの足の上でだらーんとしています。28_1_12_1

寒さにふるえながら、また乱暴なワンちゃんにも警戒しながらでもRoccoは散歩に行きたいのです。帽子も使っています。

28_1_12_2_2

ボクの足の上でくつろいでいます。そのうち寝てしまうこともあります。少なくともボクのことは「こいつは無害やな」と思っていると思います。

2018年1月11日 (木)

ロッコの426日目(生後478日)

Roccoは元気です。

昨日は帰宅するとすごく喜んでくれました。ボクが床に座るとシッポを振りながら、耳を倒して身体を弓のように曲げてボクのあぐらをかいた足の中にすっぽり入るように近づいてきます。もちろんボクは「ロッコ、かしこいな、かしこいな、かしこいな」と言いながら、首筋や胸回りやお腹周りもマッサージしてやります。3-4分してマッサージを止めるとどこかに行きますが、しばらくすると同じかっこうでまたボクに近づいてきます。それを昨日は4-5回繰り返していました。こんなに何度も愛情を確認しに来たことはなかったのに、少し変でした。

今朝は少し雪が積もっていました。車の運転に差し障るほどではなかったです。どんなに寒くてもRoccoは散歩に行きたがるので寒さと肉球が心配です。

この2週間ほどでRoccoの防寒着を2つ追加しました。雨上がりなど胸のところが水滴のついた草などでぬれてしまうからです。しかし、服を着せると夏や秋のように駆け回るという感じではなく、やや服で動きが制限されています。早く春が来ればRoccoは喜ぶと思います。

28_1_11_1

この服は元々ベージュ色を先に買ったのですが、朝の散歩でぬれたりすると、変わりがなかったので色違いにしました。この生地の内部は起毛になっていて伸縮性もあるのでRoccoは散歩の前に自分から頭を入れてきます。

28_1_11_2

これは生地がやや硬くて伸縮性などはほとんどないですが風を通さないで撥水加工もしてあるので雨でも身体の大部分はぬれないです。色は派手すぎますが、この方が車や自転車なども速く見つけてくれると思いました。元々ピンク色はRoccoの色ですし・・・。

2018年1月10日 (水)

ロッコの425日目(生後477日)

先日少し大きな犬に後ろから背中を噛まれたことでRoccoはそれがトラウマになっているのか、犬の鳴き声が聞こえると、歩いていても止まったり、家の中でも動作を止め耳を澄まします。かわいそうです。

新しいドッグフードは今も喜んで食べてくれます。でもさすがにこの寒さはこたえるみたいです。散歩も少し歩くと抱っこしてくれと訴えます。昨年も同じ時期を経験していますが外に出るのは今年が初めてです。この冬はボクだってきついので初めての経験だと思うので、この時期の長い散歩は控えようと思っています。

今日はボクが出勤する直前に数回「ワン」と吠えていました。「なぜ、わかるんだろう?」と不思議でした。

今年は再びRoccoの笑顔が増えるようにできるだけ多くの時間をRoccoと過ごしたいと思っています。

P1070607

「ロッコよ、番犬の方はもっと手を抜いていいよ。楽しく行こうな。また笑顔見せてよ。」

2018年1月 9日 (火)

ロッコの424日目(生後476日)

年末・正月の6日間とこの3連休で11日中9日間Roccoと一緒に過ごしました。こんなに一緒にいたことはなかったので、Roccoのかわいいところ、かしこいところがよくわかりました。そして笑顔も見せてくれました。こんなにうれしいことはないです。

また、昨日届いた去勢したワンちゃんのために作られたドッグフードですが、1袋が3kgあります。今までのドッグフードは500gとか大きい物でも1kgはなかったです。今までのドッグフードは日本製でRoccoの体重が650gの時から食べていたものです。生後50-100日ぐらいはそれをよく食べて、なくなるとお茶碗を噛んでいましたが、最近は匂いをかいで、すぐに離れていきます。そして寝る前になると少しだけ食べていました。

しかし、今度の新しいドッグフードは匂いをかいですぐに食べ始め、あっという間に食べてしまい、もっと欲しいの仕草をします。これが続くのかどうかわかりませんが、続くような気がします。続けて食べるかどうかわからなくて捨てなければならないかも知れないので、新しいドッグフードの大きな袋は玄関の隅に置いていました。Roccoは寒いのになかなかそこを離れようとはしませんでした。その袋の前をうろうろしたり、前で座ったりしていました。

ダイエット食ですからおいしくないと思っていましたが、意外な反応でした。

28_1_9_1

夕方になって薄暗くなってきても、外に対する警戒はおこたりません。警備主任Roccoです。

Dsc00624_2

Roccoがやって来てボクの左下で小さなジャンプをして「フン・・フン・・」と鼻息をならしていましたから、Roccoの方を見ないでiPhoneを向けてシャッターを切りました。写真はトリミングしています。久しぶりの笑顔を見て、飛び降りました。

2018年1月 8日 (月)

ロッコの423日目(生後475日)

今朝の8時頃だと思います。ボクがソファーで横になっているうちに眠ってしまったようです。Roccoは時々「僕はここにいるよ」という合図を送ってきます。ジャンプしてボクの足やお腹を鼻でつついたりします。それはボクにはほとんどわからないぐらい軽くです。

ボクがソファーの下にRoccoがいるとわかったときには、右手を下に下ろしてやります。そうするとRoccoはボクの手に身体を擦り付けてきます。本当に軽く甘噛みするときもあります。なめるときもあります。

時々Roccoがジャンプしてボクの顔の前に耳を倒した丸いRoccoの顔が見えることがあります。大きな黒い目と耳を倒した顔が一瞬見えます。ボクは眠たいのですが心の中では笑っていますし、喜んでいます。かわいいです。

今は午後1時半です。Roccoは後ろのケージの中で起きて座っています。しかし、決して出してくれと訴えることはないのです。これが以前から不思議でした。ただひたすら座って出してくれるのを待っているのです。ボクがすぐそばにいることはわかっています。こんな時はなるべく早く出してやります。我が家に来て半年ぐらいは出してくれのケージを引っ掻くアピールがありました。最近は見たことがないです。これもRoccoの成長なんですね。

P1020415

ボクの靴下を取りに来たRoccoです。最近は痛いほど強くは噛まなくなりました。

2018年1月 7日 (日)

ロッコの422日目(生後474日)

昨日動物病院へ行ったときには診察台の上で震えていましたが、先生が来られると、数回シッポを振っていました。こんなことは初めてでした。爪切りも、足裏の毛のカットもRoccoはほとんど動かずにおとなしくしていました。これもRoccoの成長ですね。1年ほど前にはじめて動物病院に行ったときは診察台の上で震えてしまいオシッコ漏らしました。

Roccoの成長はうれしくもあり、寂しさもあります。あの無邪気なRoccoも見たいのです。最近はRoccoの笑ったような顔を見ることはなくなりました。もちろん今もボクを見つけて飛びついてきたり、「あそぼ」と誘いには来ますが笑顔ではないですね。

ボクの靴下を取るときの足への甘噛みもずいぶんやさしくなりました。決して痛いような噛み方はしません。

「ロッコ、もう少しゆっくり大人になって欲しいな・・」

今日はRoccoとたくさん遊びましたが笑顔はなかったですね。遊んでいる途中でも窓のところに走っていって外に向かって吠えていました。Roccoの横に並んで外を見ると、庭の中を大きなネコが歩いていました。

Rocco

3ヶ月前のRoccoです。この頃はまだ背中やシッポの黒い毛は少なく、ボクと遊ぼうと誘いに来るときはいつもこの笑顔でした。

Dsc00553

最近のRoccoはボクに「あそぼ」と誘いに来るときもこのような表情がほとんどです。ただ成長しただけならいいのですが・・。

«ロッコの421日目(生後473日)